はじめに&メインコンテンツ

 ようこそ。ここは管理者「hapopo」が書いた、ロックマンシリーズのブログ小説サイトです。
 ※自己設定が多々あるので、注意してください。
(公式、各関連企業とは一切無関係のファンブログです)
---------------------------------------
<メインコンテンツ>

「本家ロックマンSS」(不定期投稿中)
//一話完結型の、本家ロックマンSSの倉庫です。
//傾向:後期ナンバーズ、マイナーボス多め。原型。
//御贔屓:テングマン、グレネードマン、ラ・トール、フェイクマン

「アステロイド・スパークマン」(全11話)
//TVアニメ「ロックマンエグゼストリーム」をベースにした二次創作です。
//概要:上文テルオ君の元にやってきたのは、アステロイド・スパークマン。彼らの日常と、迷惑千万なアステロイド達との戦いの話です。
//傾向:ぼくの考えたエグゼ化・未エグゼなボス

「波川カイロとジャミングマン」(亀更新連載中)
//「流星のロックマン」「ロックマンエグゼビースト+」をベースにした二次創作です。
//概要:群青色のウイルス人間「ジャミングマン」。彼は嫌々ながらも、電波人間達が引き起こす騒動に巻き込まれてしまいます。
//傾向:ぼくの考えた電波人間化・某ストラテジーな星座ボス
//PSPソフト「イレギュラーハンターX」の「VAVAモード」のシナリオを、捏造込みで小説化したものです。
//概要:A級ハンターVAVAは、己の可能性を証明するために、最強のレプリロイド・シグマが率いるイレギュラー軍団に立ち向かいます。
//傾向:原作のシナリオをベースとしているのですが、非常に捏造が多い内容となっております。
---------------------------------------
<その他>
//一話完結型の、本家以外のロックマンシリーズのSSです。
//注意:エグゼ、流星はアニメネタが多めです。

「カオス漫画」(ごくたまに)
//私が描いた、ロックマンシリーズの漫画の魔窟です。
//正直なところ、全部削除したいです。
//傾向:後期ナンバーズ、マイナーボス多め。基本的に原型。4コマ多し。

「少女は虚構と共に」(全15話)
//本家ロックマンの連作小説です。
//概要:基地に迷い込んだ少女に、悪のロボット共は、真面目ながらも空回りしながら世話をします。
//傾向:フェイクマンとラ・トールを中心として、本家ボスをまんべんなく。
//注意:フェイクマンが、女装と言う名の女体&擬人化を果たしている、非常にクレイジーな内容なので、苦手な方は注意をしてください。

「Rockman X_OVER」(読み切り)
//ロックマンXoverのリリース記念の短編です。
//概要:新ロックマン・オーバーワン登場

「カース・オブ・ラ・ムーン感想」
//Archie Comicsのアメコミ「MegaMan」の#29-32(スーパーアドベンチャーロックマン編)の感想兼レビューです。
//注意:スパアドの看板ボス「ラ・トール」に絞った、偏った記事となっております。

「ロックマン8プレイ記」
//ゲームアーカイブスにて配信されたロックマン8(PS版)のプレイ記録です。
//※PSPでプレイしています。バトル&チェイスの感想も少し。
//※現在サンダークローギミックに屈して進行停止中……

「お絵かきログまとめ倉庫」
//このブログの歴史が眠る、非常に危険なイラスト倉庫です。
//とてもハズカシーです。
//傾向:フェイクマン、ラ・トール多め
//注意:基本的に原型絵ですが、女性向け、メットレス、ロボグロetc…のイラストもワンクッション無しで掲載しているので、苦手な方は閲覧をお控えください。
---------------------------------------
<オリジナル系>
//オリジナル作品「ALTERMATE:STORM」と「ALTERMATE:MONDAY」の作品倉庫です。
//前者はロボットBL、後者はSD←→人型形態をメインとしたロボット作品となっております。
//私の性癖が詰まっています。とてもニッチ!
//オリジナル作品「内藤君は死神ナイト」の作品倉庫です。
//なんとロボものではありません。少年が非日常的存在の傍で送る日常の話です。
---------------------------------------
 もし、感想がありましたら……web拍手、もしくはこのメールフォームからコメントしてやってください。喜びます。指摘も、拍手か、このメールフォームをお使いください。
---------------------------------------
※小説の戦闘描写では、破損の表現が「かなりきつめ」に書かれているので、苦手な方は、閲覧を控えることをお勧めします。
※リクエストは、基本として1万ヒットごとに、期間を設けて行っています。
※リンクに関しては、ご自由にどうぞ。こちらをご覧ください。

それでは、どうか楽しんでいってください!
ブログ制作日:2009.03.28

ミッチー回

 妖怪ウォッチシャドウサイド、最推しである妖怪「ミッチー」のメイン回を視聴しました。

 「シリアスどころかギャグ回じゃねーか!」とずっこけましたが、主要妖怪達(特にコマさん)の活躍が多く、メインのミッチーだけでなく、妖怪好きにはたまらない一本となっていました。(本編とは関係ありませんが、今回のEDキャストクレジットは、ミッチーがウィスパーよりも上に配置されていました。……こんなこと、過去シリーズ含めてありましたっけ?)

 

 メイン回ではありましたが、ミッチーは本当にいつもと何も変わりませんでした。ですが、それが重要なことなのかもしれません。

 彼はシャドウサイドを代表する妖怪でありながら、妖怪ウォッチ無印の雰囲気を徹底して受け継いでいるキャラクターであり、いわば、二つのシリーズの橋渡し役なのだなぁと感じます。そしてそんな彼だからこそ、シャドウサイドシリーズのパートナー妖怪に相応しいのだろうと。

 

 彼の背景も語られましたが、今でこそ紳士的(?)なミッチーも、原作の彼が一面ボスであったように、本来は妖魔界でも善くない存在であったようです。妖怪ウォッチエルダ適合者選定の対戦相手として、石のガシャに封印されていたのも、このためでしょうか?(地味に驚いたのですが、シャドウ形態ミッチー、喋れたのですね! 原作からして喋れたので、不思議ではありませんが。ライトサイド時とは全く違うガラガラ声は、人外感が出ていて良かったです)

 今回の話の中で、ミツマタ義兄弟から「(ミッチーは)弱くなっている」という言及がありましたが、ヒーロー妖怪に憧れを抱き、自分の性質と逆の生き方を志した結果、ミッチーは超弱体化してしまったのでしょう。

 人間の倫理観が理解できず、友達妖怪のジュニアやウィスパーに呆れられるという描写もありましたが、彼は元々荒ぶる妖怪。恐らくは、好意から人と深く関わりを持ったのは、ナツメちゃんが初めてなのではないでしょうか? 上位次元の大蛇が、人間に喜んでもらおうと思い、あれこれと手を尽くす姿は、見ていられないと共に、涙を誘います。

(今回、ミツマタギドラが登場しなかったのは残念ではありましたが、流石にこのギャグ回で出したら勿体ない気もします。間違いなくミッチーの最強形態でしょうから、ここぞと言う時に、是非お披露目してほしいものです。信じていますよ、レベルファイブ……!)

 

 また今回の話で印象に残ったのは、ミッチーというよりはむしろナツメちゃん。いつもミッチーに塩対応の彼女ですが……ちゃんと彼の良いところも見ていたのですね。涙を流しながらの「ミッチーのくせに、格好付けないでよ!」の叫びは、素晴らしかったの一言です。ミッチーのことを理解していないと、こういうことは言えませんよ。

 前シリーズのケータ君とウィスパーの関係が中々辛辣だっただけに、とてもほっとしてしまいました。彼らの今後を、見守っていきたいなぁと思わせてくれます。

 

 

 何はともあれ、とても良い回でした。(またミッチーのメイン回があるとすれば、是非シャドウ形態増し増しでお願いします!)

 好きですシャドウサイド。おすすめ作品ですよ!


その涙は誰がために

 ジャンル外の話ばかりして申し訳ないのですが、このブログは私のチラシの裏。

 ここ以外吐きだす場所も無いため、吐きださせてください。

 

 妖怪ウォッチシャドウサイド、私のイチ推し妖怪ミッチーさんのメイン回が次回に迫っていますが、予告映像のナツメちゃんの涙が強く印象に残りました。

 あの涙の意味とは。まさか、見ていて悲しくなるほどミッチーを邪険に扱っていたナツメちゃんが……彼の為に、涙を流すというのですか? 本当に? 公式で?

 

 不穏なサブタイトルが意味するものとは?

 「おはよう」から次の「おはよう」まで見守ってくる空気の読めない蛇の騎士の戦いに、ナツメちゃんと友達妖怪は何を想うのか?

 ミッチーことミツマタノヅチは、凶悪な同族に勝利することが出来るのか?

 これは、恐ろしい破壊力の回になりそうです。

 

 同族対戦ということで、まだ見ぬ強化シャドウ形態であるミツマタギドラのお披露目になると睨んでいますが……妖怪アークでは最上位レアランクですし、エルダウォッチの召喚妖怪では最強候補にならないものでしょうかね。通常ライト形態では最弱、強化シャドウ形態では最強なんて、味わい深いと思うのですが。

 何れにしろ、次回はナツメちゃんのパートナー妖怪として、ばっちり決めてくださいよミッチーさん! 騎士たるもの、守るべき姫を泣かせたままにしてはいけません。ミッチーの! 格好良いとこ見てみたい!


焦らせます

 妖怪ウォッチシャドウサイドの、ミッチーさん。

 彼は、ギャップ萌えを拗らせた私の「どストライクキャラクター」なのですが……嗚呼、レベルファイブは私を試しているのでしょうか。

 遂に来たるメイン回。今度こそ、私は彼の活躍に期待しても良いのでしょうか? しちゃっても良いのでしょうか……?

 

 

↓ドット絵ツール練習。

 オリジナルキャラ「ライトニングスティンガー」でgif動画チャレンジ。

続きを読む >>

曜日シリーズ

 一次創作のオルタメイト・マンデーですが、ようやく「全七機」設定のアサシンロボシリーズのデザインが揃いました。良かった良かった。

 二次創作は楽しいですが、一次創作はまた格別です。完全に自己満足の世界ですが……

 

↓オリジナル作品「ALTERMATE:MONDAY

 新規ロボ2機のデザイン

続きを読む >>

癖になります

 最近、スターアライズのメタナイト戦が頭の中でループしています。

 特に好きな曲というわけでもないのですが……?

 

↓オリジナルキャラクター、ストームロイドでドット絵ツール練習

続きを読む >>

年中眠いです

 帰宅したら即おねむモード……我ながら情けないです。

 そんなわけで、少しは文化的(?)なことをしようと落書きしました。

 

↓オリジナル作品ALTERMATE 登場キャラ「キーパロイド」落書き

続きを読む >>

メカキュート

 ジャンル外ですが、カートゥーン作品「OK.K.O.!」の悪役ロボットに非常に感銘を受けたので、落書きしました。

 

↓ボックスモア・ロボット軍団落書き

続きを読む >>

ロボット幹部は良いですね

 「OK, K.O.!」というカートゥーンアニメの悪役ロボット軍団がやたら可愛いです。

 メカキュートなデザイン、殺意のある戦闘用武装、どこか抜けていて緩〜い性格……が何ともたまりません。

 今度始まるアニメメガマンも楽しみにしています。


ぽちぽちその2

 オリジナルキャラクターのマンデーブルーで、再度ドット絵ツール遊び。

 色々使えそうですね。

続きを読む >>

calendar
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< September 2018 >>
sponsored links
selected entries
categories
archives
recent comment
recommend
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM
SSL標準装備の無料メールフォーム作成・管理ツール | フォームメーラー